So-net無料ブログ作成
検索選択
題詠2008 ブログトップ
前の10件 | -

完走報告(村本希理子) [題詠2008]

2008年の100首、完走しました。
100首を読み終える季節は年により、まちまちなんですけれど、それでも、これを終えると、一つの季節が終わったように思います。
五十嵐さま、どうもありがとうございました。
どういう形になるかは未定ですが、投稿期間が終了しましたら、今年もまた、みなさまの歌の感想を書いてゆきたいと思います。開始時にはまた、あらためて感想サイトの登録させていただきたいと思いますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。

100:おやすみ(村本希理子) [題詠2008]


赤色の目薬をさしわたくしの瞼にだけはおやすみを言ふ

099:勇(村本希理子) [題詠2008]


勇ましい文字だつたつて思ふんだ「いちねんせい」の日記だつたし

098:地下(村本希理子) [題詠2008]


地下街のドトールに来て目を瞑る過去世にであひし人がゐるはず

097:訴(村本希理子) [題詠2008]


選択はさびし ひとを訴へる準備始めり薄い用紙に

096:複(村本希理子) [題詠2008]

複線の軌道へ入りゆくオレンジディーゼル列車に秋が来てゐる

095:しっぽ(村本希理子) [題詠2008]


誰からも隠してゐたい手のひらに愛でるしつぽを持たないマウス

094:沈黙(村本希理子) [題詠2008]

この薔薇は沈黙してると思ふとき夫の気配がふつと消えゆく

093:周(村本希理子) [題詠2008]


あれこれの周辺機器をきりはなし籠つてゐるよ蒸し暑き日は

092:生い立ち(村本希理子) [題詠2008]

内耳には閉ぢこめられたこゑひとつ 子の生ひ立ちをたんねんに書く

前の10件 | - 題詠2008 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。