So-net無料ブログ作成
検索選択

今年の梅仕事 [食]

今年は、梅干しはおやすみ。
自家製のは塩辛くって、あまり減らないのよ。
夏場に炊く、ごはんのいたみ防止には、欠かせないのだけれど。

今年作ったのは、定番の梅酒を2種。
メインは黒糖ブランデー梅酒で、ごくごく普通のものも、すこし。
梅シロップも、すこし。

  ・体液を失つてゆく梅の実が暗くてさびしい場所にあります  希理子

はじめての梅仕事は3種。

まずは、梅味噌(あるいは、梅ドレッシングとも言うらしい)
梅と味噌と砂糖を交互に重ねて漬けるのね。
これは、かなりいけます。
酢味噌のように、さしみこんにゃくや海藻や豆腐につけて食べてみましたが、
梅の香りがいいです。
これは、これからも毎年作ろうと思います。

それから、糠漬け。
青梅も、糠につければ、毒が抜けるらしい。

味はと言えば。
梅は正直言って…。
でも、ぬか床は香りがよくなります。

もう一つは、梅ジャンアチ。
塩をまぶして水分をすこしとったものを砂糖に漬け込みます。
20日ほど漬け込んだ後、コチュジャンとごま油、ゴマと混ぜます。
まずいとは思わないけれど、かなり微妙な味かも。
チャンジャの汁に漬かった梅酒の梅?ってかんじ。
わたしが見たレシピでは、カレーに福神漬のように添えられていたんですが、
日本人の感覚では、カレーの箸休めには、辛味のないものの方が…。
甘味がかなり強いので、ご飯にもあまり合わないみたいだし、
となると、いつ、どこで食べたらいいのか、さっぱりわかりません。
umejyannti.jpg
でも、コチュジャンと和える前の状態の梅は香りが高くて、なかなかいいです。
このごろの朝のヨーグルトの具の定番になっています♪



葱坊主ごはん [食]

直売所で買った葱に小さな葱坊主の蕾がついていたので、プランターにしばらく植えて、育てました。
200904251347000.jpg
大好きなんですよ。
他所の畑に葱坊主ができているのを見つけると、真剣に盗もうか、と考えてしまうぐらい。

葱坊主の状態でよく、ふり洗いして、花をひとつずつほぐします。
分かりやすく言えば、毟り取る?ってかんじ。
それをおいしい塩と混ぜてしばらく置いておきます。
200904252057000.jpg
それを、ほかほかのご飯と混ぜて
200904252104001.jpg
いただきます♪

葱坊主が手に入ったら、ぜひ、お試しを。

虎杖 [食]

今年は雨がそこそこ降っているせいか、虎杖がおいしそうに育っていた。
折り取ってみると、期待通り、水が滴る。
太いものはもう、1メートルぐらいに育っているが、大丈夫そうなので、庭のものだけで、充分な収穫量を確保できた。
いたどり、おいしい食べ方はいろいろあるが、わたしの一番のお勧めは豚肉と一緒に炒め煮にしたもの。
200904192350000.jpg
蓚酸を多く含むらしく、酸っぱいのだが、さっとゆでた後、水にさらすことによって、酸味は抜ける。
レシピを見ると、だいたい、一晩水につける、とあるが、わたしは、2、3時間かな? 
水をこまめに取換えながらアクを抜く。
あ、そうそう。皮をむくタイミングはゆでた後、というのが一般的なのかな、と思うが、わたしはゆでる前。
あとは、普通の炒め煮と同じ手順。
醤油と砂糖で甘辛く煮ます。
そうそう、お湯に放った時に、緑が鮮やかになる植物が多い中、虎杖はきゅーっと色が茶色っぽく変わる。
色が変わったところで引き上げると、長く水にさらしても、シャキシャキした食感が残るのよ。

せっかくの山菜なので、芽の部分も、食べる
天麩羅にして、豆腐に乗っけてみました。
200904192354000.jpg

まだまだ、残っているので、残りは塩漬けにして冷蔵庫にとっている。
これはベーコン巻きにしようかな。

蕗やみょうが、ユキノシタは植えたものだが、この虎杖は勝手に庭に生えてきたもの。
勝手に生えたものを収穫するのは、より、地の恵み、という感じがして、幸せな気分になれる。

これは何でしょう? [食]

200810041053000.jpg
200810041056000 (2).jpg


じつは、これ、南瓜なんですね。長さは三十センチ以上あります。
こんなに細長いけれど、味は栗カボチャに近く、ほくほく甘い。
宿儺(すくな)南瓜という由緒正しげな名前が付いているが、命名はごく最近のことらしい。
といっても、飛騨では以前から、農家が自家用として栽培していた野菜なんですね。たんに長南瓜と呼んでいたらしい。

宿儺は上古、仁徳天皇の御世に飛騨に現れたとされる妖怪の両面宿儺(りょうめんすくな)からなまえをとったんだとか。

長いといえば、岐阜に来て驚いたことの一つにナスがみんな長いこと!
スーパーで売っているナスも長ナスがほとんどなんですね。
大阪で知っていた茄子の1・5倍ぐらいの長さかしらん。
そういえば長い豆で有名な十六ササゲも愛知の特産だったかと思うけれど、こちらでもポピュラーな野菜のようです。

では、岐阜県民はなんでも長いものが好きなのかといえば、そうでもないらしく、薄揚げは小さい。
大阪でいうところのすし揚げサイズが普通サイズ。正方形に近い形をしてます。

スーパーで売っているものが微妙に違うのって、面白い。
というわけで、私は旅先でもスーパーに行くのが楽しみの一つなのです。

プチトマト酵母のパン [食]

image (7).jpg
ふと、何かを育てたくなって、1か月ほど前から、フルーツ野菜酵母を育てています。
育てるといっても、フルーツや野菜を(場合によっては水や糖分を足す)ただ、瓶に入れ、最初は冷蔵庫に数日、そのあとは室内に放置するだけ。
その他にやることと言ったら、日に数度瓶をちょっと振った後ふたを開けるぐらい。
私はその他にオプションとして、酵母よ育てと祈っていますが。
厳密にいえば育てるとは言えないかも。傍に生きているものの成り行きをただ見守っているような気もするなあ。

ただ、育てることが目的で、使うあてが何にもなかったので、しばらくはヨーグルトに入れてみたり、調味料代わりに使ったりとしていたのだけれど、野生酵母の王道と言えばやはりパン作りでしょう。
というわけで、ミニトマト酵母でパンを焼きました。
酵母と塩と小麦粉のみでも膨らむのだ。
といっても、野生酵母のパンは初めて。
発酵のタイミングと時間がよくわからなかったので、中央部、少しお団子状になっちまいました。
でも、まあ、おいしい範疇には仕上がりましたよ。
7、8ミリにスライスして軽くトーストして、バターをつけて。
以前、もとは市販のドライイーストを使ったものの、小麦粉を継ぎ足し継ぎ足しして保持していた中種で半年ほどパンを焼いていたことがありますが、その時に焼いていたパンと似た感じで、どっしりと重く、素朴な小麦粉の香りが楽しめるパンですね。
このタイプのパンは薄く切ったほうがおいしい気がします。

こんなふうな素朴なパンやチャパティの香りをかぐと、こころがざわざわ騒ぎだします。わたしはどうも米食民族ではない気がするんですよね。大陸の小麦粉食文化の民の末裔なのかなあ。

希臘の桃 [食]

お盆に帰省した時に、久しぶりに生の桃を食べた。
その時に、なんだか、実際の桃と頭の中の桃が違う気がし出して、それからつらつらと桃のことばかり(はオーバーだけど)考えている。

食べた桃のうちの1種類は皮が赤くって、実もかなり赤い桃だったけれど、生まれてから現在まで、生で食べた桃の、たぶん95%以上は皮が白~ピンクの果肉の白い桃だろうと思う。
で、例外なく、おしりの丸い桃。
http://images.google.co.jp/images?um=1&hl=ja&lr=&newwindow=1&q=%E6%A1%83&btnG=%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E6%A4%9C%E7%B4%A2
(一部不適切な?画像が含まれています)
でも、桃太郎の桃をはじめ、絵に見る桃はおしりがとんがっているんですよね。中華系ファミレスの「バーミヤン」のマークもそんな桃だし。
とんがった桃って、いかにも東洋、って感じがする。
だけど、そんなの見たことない。架空の桃?
調べてみたら、この系統は中国の北方から来たものらしいが、現在主流の桃は明治期に入って来た、上海水蜜桃を基に品種改良されているものらしく、こちらは南方系でおしりが丸いんだそう。昔の陶器の絵柄などに使われているのもとんがったものなんで、こちらが昔は桃らしい桃だったんでしょうね。昔の陶磁器や絵画に出てくる桃はまず、おしりがとんがってるんじゃないかな。
http://www.kubaru.jp/news/2007/08/post_30.html
(現物の画像、見つけました。)

東洋の桃がこんな感じだとしたら、西洋の桃は?
やっぱり、黄色みの強い桃ですよね。
http://www.ermou.gr/blog/gadgets/color-trends-spring-summer-2008/
こんな感じ?
でも、この写真の桃もいかにも桃って感じがするんですよね。
あまり違和感がない。
見なれた姿のように思ってしまう。
考えてみると、西洋文化の中の桃なんですよね。
絵画なんかでよく見ているので、とんがった桃と同じく、これもいかにも桃のように思えてしまうんだろうな。

もう、30年ほど前のことだけど、ギリシアで桃を食べたことがある。
その時は少し小ぶりな桃だな、と思っただけだったが、今から思えば、あれは黄桃だったと思う。
だけど、全く意識しなかったんですよね。
ということは黄桃も白桃もひっくるめて桃と思っていて、明確に区別する意識がなかったってことなんだろうな、と思う。
でも、思い出してみると、確かにあれは黄桃だった。

ヨーロッパからアメリカへと西方には黄桃の系統が伝播したんだそう。
英語フランス語のピーチ、ペシェはペルシアが語源に関係しているらしく、ペルシア原産の果物だと思われていたようだ。
あの、黄色というか黄金色はそう言われてみると、いかにもペルシャって感じ。
ところで、この画像もそうなんだけど、西洋の桃には葉っぱが一枚っていうのが、基本のように思うけれど、これって、シンボリズム的には、「誠実」を表すんだそう。これを手に持っているご婦人の肖像を見たら、はは~ん、誠実って寓意があるんだな、と読むのだそうで…。

こんな寓意が成り立つのも黄桃だったせいかな?
いま、日本で主流の桃だったら、あまりにも女性のおしりに似すぎていて、ありえないのじゃないかと…。

苦い胡瓜 [食]

先日、農作物直売所で買った昔風の胡瓜が半端じゃなく、苦い。
昔風、というのは、皮がつるっとしたものではなく、しわしわのもの。
輪切りにしたら、断面がギザギザになる物ね。
以前はよく見かけたような気がするけれど、最近はほとんど見ない。

苦みを何とか抜こうと、ネット検索して、酢水に漬けてみたり、味噌を加えてみたりしたが、どうやら、苦みのレベルが違うらしい。
しょうがないので、生食をあきらめ、素揚げにして、茄子と一緒に揚げ浸しにした。
これは成功。やはり、アクには高温と油ね。

ところで、苦みを抜くことに関してネットは役立たなかったのだけど、胡瓜が苦くなる訳については分かった。
もともと、胡瓜にはククルビタシンという、苦みのもとになる成分を含まれていたのだが、現在では、品種改良が進んで、ほとんど、その、ククルビタシンを含まない胡瓜になっているものの、成熟期に高温と乾燥が続くと、苦みが出ることもあるんだって。 →参考
昨日は雨だったけれど、この胡瓜の実が育つ間、確かに高温乾燥の気候が続いていたものなあ。
納得。
しかも、昔風ということは、もともと、そういう先祖がえりを起こしやすい品種なんだろう、ということも推測できる。
過去30年ほどの私の体験を思い起こしてみると、ここまで苦くはなくても、苦みを感じたキュウリはすべて、このしわしわタイプの胡瓜だった気もするし。

ククルビタシンには抗癌作用があるという情報もあるが、食べられなくっちゃ元も子もないからなあ。
これから、昔風の胡瓜は成熟期間の気候を考えてから買うようにしよう。

蛇足だが、苦瓜の苦み成分はククルビタシンと近いものではあるものの、違う成分らしく、こちらはモルデシンというのだそうだ。

グリーンカーテンと5分でできるドリンクゼリー [食]

最近、近隣の家のあちらでも、こちらでも、ネットを張ってゴーヤを育て始めた。
image019.jpg







(画像は緑色の図鑑様よりお借りしました)


あまりのも、突然に一斉に始まった出来事で、少し不気味に思っていたのだが、どうやら、小学校・中学校で児童・生徒一人につき、2株が配られたのだそう。
市の暑さ対策の一環らしい。
なにせ、去年は40度を超えたからねえ。
実際室温を下げる効果はあるだろうし、ゴーヤの葉って涼しげでだし、正しい取り組みだろう、とは思う。
ただ、突如一斉に始まるものに対しては、どうも不安感が先に立ってしまう。

うちの場合はゴーヤはなくて、庭にはびこっている蔓草が家屋を攻撃している。
昨日は普段はめったに開けない、勝手口の扉の隙間から、屋内まで伸びてきている日日草の蔓を発見した。
エアコンは一応2台あるのだが、どちらも2度か3度か使っただけで放置している。
数年前から、室外機の中にまで蔓が入り込んでいるのを何度か引き抜いたのだが、たぶんもう、使えないのだろうな、と思う。
やはり、緑の侵入者と戦わないと、家は緑の廃墟になり果てるのだろうか。
無気力なわたしは、ただ茫然としている。
幻想小説のようではあるが、まぎれもない現実なのだ。

ところで、話はがらりと変わって。
5分でできる柚子ゼリー作り方を偶然見つけた。
ドリンクゼリー程度の固さだけど、冷蔵庫不要!

普段は柚子茶にゼラチンを混ぜて熱いまま飲んでいるのだが、さすがにここしばらくはあついものが飲みたくなくって。氷を大量投入したらゼリーになっちゃった。

詳しい作り方は以下の通り。
1)コップに柚子茶(好みの量)プラス水を出来上がりの4分の1ぐらいになるよう入れる。
2)(コップの大きさにもよるが)ゼラチンを大さじ1杯程度入れてよく混ぜる。
3)熱湯を出来上がりの半量程度になるまで加えてよく混ぜる。
4)ゼラチンが完全に溶けたら、氷を出来上がりの量になるまで投入。
5)しばらくスプーンでかき混ぜていると、どんどんと固まってくる!
6)その後、少しばかり放置すると、あらら、これはゼリーではありませんか!
7)たべる。

一度お試しを!



お盆といえばロータス [食]

(あまりにも食べ物の話が多いので、カテゴリー「食」、作りました。)
今日は7月15日。当地ではお盆である。
ここ数日、軽自動車に乗ったお坊さんの姿をよく見る。
私がこちらに引越してきた頃は8月のお盆の頃には近くのスーパーに関連グッズが何もなくて驚いたものだけれど、(別に買う用事はないんですけどね)最近ではよそ者が増えたのか、小規模ながら、8月にもお盆用品を置くようになった。
お盆用品といえば、毎年心動かされるものが。
今年は見かけなかったのだが、ハスの葉っぱとか青実がセットになっているやつ。
何に心動かされるかといえば…。

食べたいのである。
実際問題として、食用に栽培されたものじゃないから、農薬とかの不安があるので、食べるのはちょっと避けた方がいいだろう、とは思うのだけれど。

葉っぱもおこわを包むのに使いたいのだけれど、これは、まだ、口にする機会が全くないわけじゃない。
問題は実の方。
ドライフルーツのようになった砂糖漬けのものは中華食材店などを探せばあるけれど、生の実は入手困難なんじゃないかなあ。
ハスは池に生えてるからねえ。水がある状態だと、舟にでも乗らなきゃ、たぶん無理だろう。
私が食べたことがあるのは、過去1回だけ。
阪神大震災のあと、某公園の池の補修工事のため、水が抜かれたことがあった。その情報を聞きつけて採取に行ったのだった。ぬかるみになった地面には、いくつもの穴が。誰かが蓮根を掘ったのね。
でも、わたしたち一行はそんなものには目もくれず、ハスの実を集め続けたのだった。


ご飯に混ぜて炊くと、ほくほくと、おいしかったなあ。

どこかに食用の実はありませんかね。
hasu16.jpg

画像はBotanical Garden様からお借りしました。
この実は食用には少し遅くて、全体がすべて緑色している物が食べごろです。



スープ生活その後 [食]

食べ物の話が多いな、と思うものの、今日も食べ物の話題
いっそのこと、食べ物関係の記事を別のカテゴリーにまとめてしまおうかなあ?

1年ちょっと前に(まだそのころは、<なんじゃもんじゃ>がメインブログだったので、そちらに)→こちら。
書いた毎日スープを飲むという生活が細々とだが、いまだ続いている。

もともとはダイエットスープという方法で、スープ以外にも食の制限がいろいろあるダイエット法なのだが、その方法に懐疑的な私は、スープだけ日々の食事に取り入れたわけ。
飲む(というより食べる?)量は以前の半分ぐらいになったが、毎朝、スープを温め直すことから始めるのが日課となってる。
はじめのころは、香辛料や味付けをいろいろと変えてみたのだが、結局味付けは塩のみか、あるいは入れても胡椒だけのトマトスープという形に落ち着いた。
いろいろ変えた方が飽きなさそうなものだが、じっさいのところは逆だった。シンプルな方が飽きないものなのね。
肉類も、最初はいろんな肉やウィンナー、ベーコンなどを少量入れていたのだが、それも早々にベーコンに落ち着き、そのうちに、それも入れなくなった。
けっきょくはスープダイエットのレシピとほとんど同じものとなってしまった。違いは玉ねぎが半量になり、トマト缶が倍量の一缶を1回で使うようにしたところ。また、ピーマンはあるときのみで入れないことも多い。

それで、体重の方はどうなっているかといえば、やたらと甘い物が食べたかった冬場は少し増えたけど、今では1年前とほぼ同じ体重。
もう2、3キロ落としたい気もするけれど、全く努力もせず、好きなものを好きなだけ食べて、この体重をほぼ維持しているのはまあ、悪くはないと思う。


◆◆偶然、こちらのブログにおこしの方への説明◆◆

記事の中で数字:タイトル(村本希理子)という記事がやたらと並んでいますが、これは
「題詠ブログ2008」という五十嵐さんの主宰されているイベントへの投稿用の短歌です。
お見苦しいかもしれませんが、あしからず。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。