So-net無料ブログ作成
検索選択

ごあいさつ [日常]

あけましておめでとうございます

あちらこちらに不義理をしていて、すいません。
こちらも放置ですいません。

韓国ドラマのブログは動いているので、コメントのレスも滞っているのは、ほんとに情けないのですが、
かんたんなことすら、なぜか書けません。
ちょっとでもしんどいことが一斉できなくなってます。

歌はほそぼそと詠んでいます。
からだも元気です。
毎朝顔も洗えています。

そのうちに戻りますので、しばらくおまちください。

悪魔のしっぽに触れたような日曜日 [日常]

9月に入り、2週連続で日曜ごとに、冷や汗ものの出来事に遭遇している。

2週間前は、謎の発熱。
微熱の範囲を超える熱って、まずは出さないわたしが38度台後半の熱を出した。
何十年振りかの出来事。
風邪をひいている風でもないのだけれど、腰をはじめ、あちこちが痛む。
ふだんだったら、病院になどは行かないのだけど、さすがに、もし、インフルエンザだったら、という考えがよぎる。
すこし前に地区の中学校が新型で学級閉鎖か何かになっていたはずなのね。
ほぼ、他人とは顔を合わせない生活をしていると言っても、さすがに、ちょっと。
でも、逆に、こんな時だからこそ、病院に行きたくない、というのもあるし。
幸か不幸か日曜日だったので、とりあえず様子を見ることにした。
熱があるというのは、こんなに大変なことだったのか、と思いつつ体感重力4Gほどの星で、ただ寝転がっていた。
本が持てないどころか、こんな時には普段見ないテレビでも、と思ったところで、テレビのスイッチまでたどり着けない惑星だった。
でも、翌朝になると、あっさり平熱に。見慣れた星に帰還していた。
いったいあの熱は何だったのだろう…。

そして、次の日曜の朝、起きてみると、冷蔵庫が止まっている。
家族の話によると、どうやら、きのうの夜の時点で作動していなかったらしく、すでに、いろいろなものが溶けかけている。
一瞬、日曜日でよかった、とおもったのもぬか喜びで、うちで唯一、車に乗れる人が、きょうは会社の慰安旅行だなんて。
しばらく、冷蔵庫の前で呆然として、ようやく、ともかく、出発する前に氷を買ってきてもらおう、とコンビニで大量の氷を買ってきてもらった。

ところが。
さて、あちこちに氷を詰めて、何とかひと安心!と思ったとたん、冷蔵庫はわたしをあざ笑うかのように動き出すのね。
もう、コノヤロウ!の気分でございます。
どうやら、コードの接触が悪くなっているようで、何かの拍子に止まってしまうようなのだが、注意していれば、何とか大丈夫そう。
けっきょく、そのまま使い続けている。

次の日曜を二日後に控え、こんどこそ、回復不能なパニック状態に陥るのではないかと、ひそかに恐れているのだが、ぶじに過ぎさってってくれるか?



蚊に纏わりつかれた夏だった [日常]

夏も、いつの間にか、終ってしまいました。

この夏がいつもの夏と違ったことと言えば。
今夏は蚊にどういうわけか好かれた季節でした。
わたしは体温は高い方なんですが、B型のせいなのか、あまり蚊は寄ってこない体質だったんですね。
ところが、今年はよく、蚊に纏わりつかれました。
20匹ぐらい殺しました。
(とろいので、成功率は相当に低い)

殺しながらも、刺されたところがかゆくさえならなければ、別に殺さないのになあ、なんて、
蚊との共生の可能性を考えてみたり。

刺されたところはみんな痒くなるわけだから、一か所で満腹になるまで吸わせてやる方が得策ではないか、なんて思ってみたり。


そして、ショックだったこと。
それは、顔を刺されたこと!
顔は痛覚の密に分布しているところでしょ?
そこにとまられて気付かないなんて、感覚が鈍ったってことなんでしょうね。
少しずつ、身体は死に近づいて行くのね。

そして、もうひとつ。
膝から下の部分を刺された時に、蚊に刺された跡と、血管の浮いているところとが、一見したところでは、判別できなくなりつつあるのね。
静脈瘤ってやつができかけているのかなあ。

切らずに結ぶだけ~一枚布でショッピングバッグ今年版 [日常]

去年、テーブルクロスにしていた布を結んでショルダーバッグにしたのを記事にしたが、これは、たっぷり入って日々の買い物に現在も活用中です。
でも、長年テーブルクロスに使っていた布なのでけっこう色褪せていて、、日々のお買い物専用なんですよね。
そこで、今年は外出用のものを用意してみました。
布はティラキタさんで買いました。結構気に入っていて、今回が3度目の利用です。(商品はこれ
夏場のお出かけとなると、冷房が効きすぎている場所が結構あって、ちょっとひざや肩にかけるものがあれば、と思うことが多いのだけれど、そんな時に使える一枚です。
image (9).jpg
外出先ではひざかけとして使い、帰りにお買い物に寄った時にはショッピングバッグとして使えます。
もちろん、洗って乾かせば、またひざかけになります。

去年の物を使っていると結構作り方を聞かれることもあったので、思いっきり下手な絵つきで結び方を紹介しますね。ていうか、自慢したい…。
まずは、基本パターンです。110センチ×180センチぐらいの縦横比率のものなら、この方法で。
ORIBE014.jpg
まず、1枚目の絵。
AとB、CとDをできるだけ深いところで二重結びにします。
このときに、二枚目の絵のように、片方が長くなるように結び目の位置を決めます。
両方結んだら、長い方同士をまた、2重結びにします。ここが肩のところになりますので、しっかりと結んでください。
中身を入れた後、三枚目の絵のEとFのあたりを引っ張って、ここも2重結びにして口を閉じます。
以上、出来上がり!です。
レジかごに敷いて、レジの人に商品を入れてもらってから結ぶってこともできますが、真ん中あたりに重いものを入れないと商品がぐちゃぐちゃになっちゃいますから、自分でバッグに詰めた方が無難だと思います♪

今回買った布は100センチ×180センチで上記の方法だとちょっとバランスが悪かったので、長いほうの端を10センチほど折ってから上記の方法で結びました。

ところで、このサイズの布だと、例えば外出先でスカートが破れたときにジャンバースカートタイプのドレスとして危機を乗り切ることもできます。
(そんなことありえない、と思われるかもしれませんが、わたしは、経験があります…汗)
いろんな巻き方がありますが、わたしがなかなか美しいと思う巻き方も紹介しておきます。
シルエットはきれいだと思うのですが、とってもエキゾチックで、もしかしたら、通りすがりの人にじろじろ見られるかもしれません。
この布ではまだ、外出していないのですが、去年買った、大きな花柄のジャワ更紗の布を着て外出すると、ほとんどすべての人のぶしつけともいえる視線をあびます…。
なお、わたしはかなり小柄なので、この長さで充分なのですが、もう少し大きな方だと、もう少し長さがある布の方がいいかもしれませんね。

この巻き方も信じられないほど下手なイメージ図つきで解説しますね。
ORIBE015.jpg
まず、角のひとつを、左肩の上に、結べるだけの長さを残して、置きます。残りの布をまず、胸の部分からから巻きつけていきます。一週目はすその長さを確認しながら。そのまま、わきの下を一回転半、2回目の背中まで持ってきたら、その布を背中から、最初に端を乗せておいた肩の方へとまわします。そして、その端のところを、肩の上で、最初にとっておいた角と結び合わせます。
襞をきれいに整えます。このとき、巻きはじめの部分を三角に折っておくと歩行が楽になります。

なお、上記の方法だと、下にTシャツを着ないとちょっと無理なんですが、巻きつける位置を胸の上に持って来ると、サマードレスやワンピースが破れた時にも使えるかもしれません。
ただし、わたしの場合、胸が絶壁なので、あっという間にずり落ちるので、明らかに無理なんですが、胸のサイズがある程度ある方は、ずり落ちないですむかもしれない、と思います。胸の大きな方は是非お試しになって、結果を教えてくださいね。ただし、町で着用中にずり落ちてしまった、どうしてくれるんだ!といったような苦情にはいっさい責任を負いかねますので、そこは、自己責任でお願いいたします。

ブログパーツが・・・ [日常]

ブログパーツの「肉食女と草食男診断」というのを設置してみましたが、表示がうまくできません(涙)
でも、せっかくなので、しばらく置いておきます。

*5/29 消去しました。

イヤホンケーブルワインダー [日常]

外出の時はいつも、MP3プレイヤーを持って出る。
だけど、イヤホンコードがちょっと長くって、中途半端に余っているものだから、
あっちこっちにひっかかるし、コードの重みでイヤホンが外れてしまう。
困ったものだなあ、と思っていたら、長さを調節するグッズがあるのね。
ケーブルワインダーっていうの?
買ってみました。
200904031738000.jpg

使わない時にはさらにグルグル巻いておけば絡まり防止にもなるようだし、なかなか便利。

ついでにくまさんの顔の付箋も買いました。
200904031739000.jpg

けど、付箋は大量に使うので、コストパフォーマンスを考えると、あまり使えない…。
大事に取っておくことになりそう。

いずれも、こちらで買いました。
クールな可愛さが私の好み。
韓国の文具って、こういうの、多いのかしら?

多治見観光 [日常]

昨日は所用で多治見駅近くの銀行まで。
そのまま帰るのも、何だか悔しいので、軽く、多治見観光してきました。
といっても、おりべストリートという、多治見駅から歩いていける界隈を少し歩いただけなんですけど。

ここは、陶器や和雑貨を扱う店や、こぎれいな、食事処や喫茶店があります。
200809291330000 (2).jpg
交番は、こんなの。
写真はみんなピントが合ってないなあ~~)

ふだんはあまり購買欲がないのですが、物見遊山の気分になったのか、ちょこちょこと買い物も。
200809291616000.jpg
用もないのに、あんまりにもウサギが可愛かったので2枚だけ、買いました。
お店の人がうるさくってうっとおしかったんですけど、半額セールだって言うし。

200809291621000 (2).jpg
これは松浦軒のカステラ。
「寛政10年当時のレシピをそのまま200年来守り続けた伝統の味」
ということで、期待してたんですけどね。
はっきり言って、人形焼きの味。
しかも、原材料のところに「トレハ」の文字が…。トレハってトレハロースでしょ?
まあ、500円なので、こんなものかと。
でも、やっぱり多治見の和菓子といえば栗きんとんでしょう。
栗きんとんといえば、芋餡の中に栗の甘露煮が入っているものを思い浮かべられるかもしれませんが、
東濃の栗きんとんは違います。全体が栗の餡!
オリベストリートあたりでは梅園のがおすすめ。
そのほかでは、すやのが駅構内の土産物屋で買えたはず。
ただし季節商品で、夏は買えません。各店9月になると一斉に販売をスタートするのです。

それから、小型のお手紙セットと縮緬シールも買いました。
うさぎの形が可愛いでしょ♪
ORIBE011.jpg
これは「うつわ邸」という織部(たぶん、食器の小売業をしている会社)のお店で買いました。
このお店ももとは民家なのでしょうか。靴を脱いで、部屋べやの商品を見て回ります。
買わなくても楽しめる、お勧めのお店です♪

お昼は「万年青」という蔵を改装したというお店で。
感じのいいお店で、食器も素敵でした。
が、メニューがね。秋野菜の揚げ浸しと天かすとわかめ入りの蕎麦と枝豆、ゆかりの乗ったご飯と漬物少し。プラスの冷やし白玉ぜんざいとコーヒー。
おいしいし、カロリーもたっぷりそうですが、物足りない…。
なんか、多治見のお店って量が少なかったりすることが多くって、あんまり満腹感がないんですよね。
わたしが大食なのか…。
で、おまけに、お店の人に、MONOパークで今日まで開催の現代陶芸フェスティバルのチケットまでいただいてしまいました。当日券だと800円するものを900円のランチでいただいていいものかと思いつつも、バス停へ。
ところが、1時間に1本のバスを2本も乗り損ねてしまい、行きそびれちゃいました。(汗)
なんでそんなことに、といえば、私だからとしか、言いようがない。(あまりにおばかで説明する気にもなれない・・・)
その後、喫茶店にも入りました。ラゲンという、アンティークいっぱいのお店。
テーブルの上にはコーヒーシュガーが塗りのお椀に入って載っていました。
先日話題にした砂糖ばさみとともに。
200809291353000.jpg
そうそう、お昼を食べた店にもコーヒーシュガーがあったのですが、こちらはアンティークの小さな宝石箱のような器に入っていました。
写真の奥左のお椀にはおてふきが入っています。
お紅茶はこんな感じで出てきました。
200809291403000 (2).jpg
多治見は名古屋圏なのでコーヒー紅茶には無条件でおまけが付いています。
でも、こちらも味は、ね。
だいたい紅茶を頼んでフレッシュが出てくる時点で、これはだめだな、と思っちゃいます。
こんな器だったら、チャイを飲みたいな、と思いました。

とはいえ、落ち着く店で、ゆったりとした時間を過ごせました。
ただし、他のお客さんが大声で、ずっとウオッシュレットの話をしていたのはちょっと。
内容までは聞いてないのですが、何度も「ウオッシュレット」と「シャワートイレ」って単語がね。

多治見のことを紹介したついでに、今回はいかなかったのですが、私の一押しのスポットを紹介しときますね。
多治見からバスで行かなきゃならないのですが、市之倉の幸兵衛窯の古陶磁資料館。
古民家を改装してペルシアなどの焼き物を展示しているのですが、なかなか素敵な空間です。
そして、その隣に細長い部屋があって、そこからは登り窯が見えるのですが、ここでは自動販売機ですが、200円でエスプレッソが飲めます。
自動販売機とはいえ、コーヒーカップがちゃんとしたもので、好みのものが選べます。
多治見にいらしたら、ぜひ。
そして、ここまで来れれたら、さかづき美術館にも足を伸ばされるといいです。
展示点数はあまり多くありませんが、戦時中のさかづきなど、なかなか面白いものが見られます。
こちらの美術館のミュージアムショップは広くって、作家ものから食品まで扱っているので、あまり他のところを散策する時間が取れないならば、土産物はここで選ばれるのがいいかもしれません。

あと、定番の観光地といえば、日本3大修道院のひとつといわれる修道院(ここはワインが有名らしい)と禅寺ながらも優美な建物の永保寺。
瀬戸物の歴史的な流れを知りたいならば、岐阜県陶磁資料館の寄られるのがいいと思います。

ただし、多治見の観光は点在しているので車でないと回るのが案外大変かもしれません。
バスなども1時間に1本って感じのものが多いですし。
いずれにせよ、多治見駅の駅前の交番の2階に観光センターがありますから、ここでパンフレットをもらって、少し相談に乗ってもらうといいかも。

どうぞ、一度遊びに来てください♪

あれ、いつの間にか観光案内になっちゃった。

ポジャギは韓国のパッチワーク? [日常]

「買い物バッグになったテーブルクロス」から布つながりのお話。

昨日見終わった韓国ドラマの中で、ヒロインが男性主人公のことを「ポジャギ」のようだと言っていた場面があった。
調べてみると「ポジャギ(보자기)」は風呂敷のことなんですね。
場面に即して解釈しても、風呂敷のような包み込む温かさを持った人って感じで使われていた。

あれ、と思う。
日本で「ポジャギ」といえば韓国のパッチワークのことだとばかり。
どちらかといえば装飾品のイメージじゃないだろうか。

綴りが違うポジャギなのか、同音異語なのか。
調べてみると、やはりポジャギは韓国の風呂敷なのだが、日本の風呂敷が一枚の布で作られているのに対し、韓国では複数の布をパッチワークのように組み合わせて作る風呂敷の伝統があるらしい。
そして、どうやら、その工芸的な側面が注目されて、ポジャギ=韓国のパッチワークと限定的に受け止められているような感じだ。

参考として、「보자기」でイメージ検索してみた。
http://images.google.co.jp/images?gbv=2&ndsp=18&hl=ja&newwindow=1&q=%EB%B3%B4%EC%9E%90%EA%B8%B0&start=0&sa=N
見ていただければわかるかと思いますが、どちらかといえば風呂敷のイメージの画像が多いのではないかな?
中には日本の風呂敷と同じく、包み方が図解されているページもある。
日本でもよく取り上げられる、瓶を2本包む方法とか、ね。

外国語が日本語に取り入れられる時に起こる変形を、ちょっと垣間見た気がした。

蔵書票 [日常]

ちょっと前に、ネットの友人のFさんのブログですてきな蔵書票用の印をお見かけしました。
で、素敵! とお声をかけさせてもらったところ、なんと、わたし用の蔵書票を作ってくださいました。
そして、それが、きょう到着。
あんまり素敵なので、みなさまにもせめて写真でこの喜びをお分けしたいと思い、アップしました。
image (6).jpg

ちょうど、注文していた本が到着したのでさっそく貼ってみました。
本は大辻隆弘さんの『時の基底』。

蔵書票を貼るのは題名のページか奥付のページが一般的なのかしら、と思いつつも、ちょうど色が合うので、題名の隣のページに貼ってみました。
まだ、仮止め用の糊でとめているので、変!って思われたら教えてくださいね。

いただいたのは、蔵書票用のはんこ2種と蔵書票の完成品数枚。
色違いの紙で、いろいろな色の組み合わせを楽しめそうです。
そして、送られたきた封筒の中がこんなの。

200809031345000.jpg

細かいところまで気を配ったラッピングで、きれいでしょう。
もう、心のトーンが1オクターブぐらい、上がっちゃいます。


で、本の方は蔵書票で一日うきうきと過ごしていたので、まだ、全く読んでいません。
明日はゆっくり、本を読みたいと思います。

買い物バッグになったテーブルクロス [日常]

image.jpg


わたしは布好きである。
学生時代、カバンがわりに風呂敷を持参したこともある。
(黒のゴミ袋を使ってみたこともあるのだけれど、これは、持っているうちにすぐにしわくちゃになってきたなくなってしまったので、一日だけの試みであった)
この夏は、それがこうじて、ちょっとした外出着に、とジャワ更紗の布を買った。
写真の左下の隅に写っているのがその布)
Tシャツの上にぐるぐると巻きつけて肩の上で結んで着用していた。
まあ、確かにどこの人?って感じになってやたらと振り返って眺められたのだけど。
上の妹にはそんな格好の人は隣を歩かんといて、と言われていたのだが、
その妹はというと、普通のサンドレスに白い和紙の和傘の日傘をさしていて、そちらも充分人目を引く格好だったと思う。
とはいうものの、家族内での妹の権力は絶大なので、誰も妹の格好についてとやかく言う人はいない。

ところで、先日から、買い物用のバッグが痛んできているのが気になっていた。
どっちみちなら、軽いものに替えたいなあ、と思いつつ過ごしていたのだが、
ふと、テーブルクロスに目が行った。。
ちょっと前に、図書館で風呂敷の結び方をちらっと見ていたのだけれど、かなりの大判でないと買い物用のバッグにするのは無理みたい、と諦めたことがあった。
正方形じゃないけど、これでできるんじゃないか、と思い付く。
ショルダーにするなら、かえって、長方形の方がいいかもしれない、と、うろ覚えの風呂敷バッグのやり方を試みてみた。
5、6年テーブルクロスとして使っているので色あせているけれど、まあ、着ている普段着がそもそも色褪せているので、ちょうどいいか。

細部は覚えてないので適当ですが、なんとかバッグらしい形になっているでしょう?
実際に使ってみましたが、たくさん入ってしかも重くない! いい感じです。
自画自賛でブログに載せてみました…。

*結び方を こちらの記事 にアップしました!


・糸を切ればタオルに戻る白うさぎ父は子知らず子は父しらず   希理子(2007題詠blog作品)

これは、タオルを切らず、そのまま糸でとめるだけのぬいぐるみ

子供が幼かった時に作ったことがある。
糸を切られたそのぬいぐるみは子も父も知らないまま、いまではぞうきんとなっている。

タオルでつくるぬいぐるみ43パターン

たぶんこの著者の本を見て作ったんだと思う。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。