So-net無料ブログ作成
検索選択

絵本の紹介です。 [読書]

2月に行った「朝鮮王朝の絵画と日本」展以来、何が日本的で何が東洋的なのか、ということへの関心はずっと続いています。
その後、2回ほど、中国山水画を見に行ったりもしたのですが、こちらに書く気力がなくって…。

その流れで、ちょっと面白い絵本出会いました。

いたずら五人ぐみ オチョグニ

いたずら五人ぐみ オチョグニ




この本なんですが、ビジュアル的に大人にも興味が持てる内容になっていると思います。
原作が韓国の絵本なので、「なんじゃもんじゃ」の方に、もう少し詳しい内容を書きました。
よかったら、読んでください。

切らずに結ぶだけ~一枚布でショッピングバッグ今年版 [日常]

去年、テーブルクロスにしていた布を結んでショルダーバッグにしたのを記事にしたが、これは、たっぷり入って日々の買い物に現在も活用中です。
でも、長年テーブルクロスに使っていた布なのでけっこう色褪せていて、、日々のお買い物専用なんですよね。
そこで、今年は外出用のものを用意してみました。
布はティラキタさんで買いました。結構気に入っていて、今回が3度目の利用です。(商品はこれ
夏場のお出かけとなると、冷房が効きすぎている場所が結構あって、ちょっとひざや肩にかけるものがあれば、と思うことが多いのだけれど、そんな時に使える一枚です。
image (9).jpg
外出先ではひざかけとして使い、帰りにお買い物に寄った時にはショッピングバッグとして使えます。
もちろん、洗って乾かせば、またひざかけになります。

去年の物を使っていると結構作り方を聞かれることもあったので、思いっきり下手な絵つきで結び方を紹介しますね。ていうか、自慢したい…。
まずは、基本パターンです。110センチ×180センチぐらいの縦横比率のものなら、この方法で。
ORIBE014.jpg
まず、1枚目の絵。
AとB、CとDをできるだけ深いところで二重結びにします。
このときに、二枚目の絵のように、片方が長くなるように結び目の位置を決めます。
両方結んだら、長い方同士をまた、2重結びにします。ここが肩のところになりますので、しっかりと結んでください。
中身を入れた後、三枚目の絵のEとFのあたりを引っ張って、ここも2重結びにして口を閉じます。
以上、出来上がり!です。
レジかごに敷いて、レジの人に商品を入れてもらってから結ぶってこともできますが、真ん中あたりに重いものを入れないと商品がぐちゃぐちゃになっちゃいますから、自分でバッグに詰めた方が無難だと思います♪

今回買った布は100センチ×180センチで上記の方法だとちょっとバランスが悪かったので、長いほうの端を10センチほど折ってから上記の方法で結びました。

ところで、このサイズの布だと、例えば外出先でスカートが破れたときにジャンバースカートタイプのドレスとして危機を乗り切ることもできます。
(そんなことありえない、と思われるかもしれませんが、わたしは、経験があります…汗)
いろんな巻き方がありますが、わたしがなかなか美しいと思う巻き方も紹介しておきます。
シルエットはきれいだと思うのですが、とってもエキゾチックで、もしかしたら、通りすがりの人にじろじろ見られるかもしれません。
この布ではまだ、外出していないのですが、去年買った、大きな花柄のジャワ更紗の布を着て外出すると、ほとんどすべての人のぶしつけともいえる視線をあびます…。
なお、わたしはかなり小柄なので、この長さで充分なのですが、もう少し大きな方だと、もう少し長さがある布の方がいいかもしれませんね。

この巻き方も信じられないほど下手なイメージ図つきで解説しますね。
ORIBE015.jpg
まず、角のひとつを、左肩の上に、結べるだけの長さを残して、置きます。残りの布をまず、胸の部分からから巻きつけていきます。一週目はすその長さを確認しながら。そのまま、わきの下を一回転半、2回目の背中まで持ってきたら、その布を背中から、最初に端を乗せておいた肩の方へとまわします。そして、その端のところを、肩の上で、最初にとっておいた角と結び合わせます。
襞をきれいに整えます。このとき、巻きはじめの部分を三角に折っておくと歩行が楽になります。

なお、上記の方法だと、下にTシャツを着ないとちょっと無理なんですが、巻きつける位置を胸の上に持って来ると、サマードレスやワンピースが破れた時にも使えるかもしれません。
ただし、わたしの場合、胸が絶壁なので、あっという間にずり落ちるので、明らかに無理なんですが、胸のサイズがある程度ある方は、ずり落ちないですむかもしれない、と思います。胸の大きな方は是非お試しになって、結果を教えてくださいね。ただし、町で着用中にずり落ちてしまった、どうしてくれるんだ!といったような苦情にはいっさい責任を負いかねますので、そこは、自己責任でお願いいたします。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。