So-net無料ブログ作成
検索選択

これは何でしょう? [食]

200810041053000.jpg
200810041056000 (2).jpg


じつは、これ、南瓜なんですね。長さは三十センチ以上あります。
こんなに細長いけれど、味は栗カボチャに近く、ほくほく甘い。
宿儺(すくな)南瓜という由緒正しげな名前が付いているが、命名はごく最近のことらしい。
といっても、飛騨では以前から、農家が自家用として栽培していた野菜なんですね。たんに長南瓜と呼んでいたらしい。

宿儺は上古、仁徳天皇の御世に飛騨に現れたとされる妖怪の両面宿儺(りょうめんすくな)からなまえをとったんだとか。

長いといえば、岐阜に来て驚いたことの一つにナスがみんな長いこと!
スーパーで売っているナスも長ナスがほとんどなんですね。
大阪で知っていた茄子の1・5倍ぐらいの長さかしらん。
そういえば長い豆で有名な十六ササゲも愛知の特産だったかと思うけれど、こちらでもポピュラーな野菜のようです。

では、岐阜県民はなんでも長いものが好きなのかといえば、そうでもないらしく、薄揚げは小さい。
大阪でいうところのすし揚げサイズが普通サイズ。正方形に近い形をしてます。

スーパーで売っているものが微妙に違うのって、面白い。
というわけで、私は旅先でもスーパーに行くのが楽しみの一つなのです。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。