So-net無料ブログ作成
検索選択

蚊に纏わりつかれた夏だった [日常]

夏も、いつの間にか、終ってしまいました。

この夏がいつもの夏と違ったことと言えば。
今夏は蚊にどういうわけか好かれた季節でした。
わたしは体温は高い方なんですが、B型のせいなのか、あまり蚊は寄ってこない体質だったんですね。
ところが、今年はよく、蚊に纏わりつかれました。
20匹ぐらい殺しました。
(とろいので、成功率は相当に低い)

殺しながらも、刺されたところがかゆくさえならなければ、別に殺さないのになあ、なんて、
蚊との共生の可能性を考えてみたり。

刺されたところはみんな痒くなるわけだから、一か所で満腹になるまで吸わせてやる方が得策ではないか、なんて思ってみたり。


そして、ショックだったこと。
それは、顔を刺されたこと!
顔は痛覚の密に分布しているところでしょ?
そこにとまられて気付かないなんて、感覚が鈍ったってことなんでしょうね。
少しずつ、身体は死に近づいて行くのね。

そして、もうひとつ。
膝から下の部分を刺された時に、蚊に刺された跡と、血管の浮いているところとが、一見したところでは、判別できなくなりつつあるのね。
静脈瘤ってやつができかけているのかなあ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。