So-net無料ブログ作成
検索選択

絵本の紹介です。 [読書]

2月に行った「朝鮮王朝の絵画と日本」展以来、何が日本的で何が東洋的なのか、ということへの関心はずっと続いています。
その後、2回ほど、中国山水画を見に行ったりもしたのですが、こちらに書く気力がなくって…。

その流れで、ちょっと面白い絵本出会いました。

いたずら五人ぐみ オチョグニ

いたずら五人ぐみ オチョグニ




この本なんですが、ビジュアル的に大人にも興味が持てる内容になっていると思います。
原作が韓国の絵本なので、「なんじゃもんじゃ」の方に、もう少し詳しい内容を書きました。
よかったら、読んでください。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

星 あキラ

本書の翻訳者として、ご紹介のお礼を申し上げます。

テマエミソかもしれませんが、本書の特徴は、絵本通も ふつうの
健康なお母さんも、もちろん 坊ちゃん・嬢ちゃんも ハマってしまう
説明しにくい魔力でしょうか。

原作者の パク・ヨンチョルさんは、誠実そうな お兄さんとオジサマ
をmix したような方ですが、ご本人は自分を 宇宙人だと信じている
あもろい人ですよ。
by 星 あキラ (2009-06-27 21:18) 

kiriko

星 あキラ さま
ご登場してくださって、ありがとうございます。

パク・ヨンチョルさん、絵本の著者紹介のところでも、宇宙人ぶりを発揮されていますね~~!
by kiriko (2009-06-28 00:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。