So-net無料ブログ作成

虎杖 [食]

今年は雨がそこそこ降っているせいか、虎杖がおいしそうに育っていた。
折り取ってみると、期待通り、水が滴る。
太いものはもう、1メートルぐらいに育っているが、大丈夫そうなので、庭のものだけで、充分な収穫量を確保できた。
いたどり、おいしい食べ方はいろいろあるが、わたしの一番のお勧めは豚肉と一緒に炒め煮にしたもの。
200904192350000.jpg
蓚酸を多く含むらしく、酸っぱいのだが、さっとゆでた後、水にさらすことによって、酸味は抜ける。
レシピを見ると、だいたい、一晩水につける、とあるが、わたしは、2、3時間かな? 
水をこまめに取換えながらアクを抜く。
あ、そうそう。皮をむくタイミングはゆでた後、というのが一般的なのかな、と思うが、わたしはゆでる前。
あとは、普通の炒め煮と同じ手順。
醤油と砂糖で甘辛く煮ます。
そうそう、お湯に放った時に、緑が鮮やかになる植物が多い中、虎杖はきゅーっと色が茶色っぽく変わる。
色が変わったところで引き上げると、長く水にさらしても、シャキシャキした食感が残るのよ。

せっかくの山菜なので、芽の部分も、食べる。
天麩羅にして、豆腐に乗っけてみました。
200904192354000.jpg

まだまだ、残っているので、残りは塩漬けにして冷蔵庫にとっている。
これはベーコン巻きにしようかな。

蕗やみょうが、ユキノシタは植えたものだが、この虎杖は勝手に庭に生えてきたもの。
勝手に生えたものを収穫するのは、より、地の恵み、という感じがして、幸せな気分になれる。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。