So-net無料ブログ作成
検索選択

鑑賞100「おやすみ」 [百題百日2008]

こんにちは。
「おはよう」で始まった2008年の題詠鑑賞も最後です。
ラストの題は「おやすみ」。やさしい響きの言葉ですね。
寝る前の挨拶として使われる場合と、休暇の意味で使われる場合がありますが、休暇の意味で詠まれた歌にはピックアップしたものがありませんでした。
「お」がついている分、この意味では詠みにくかったかもしれません。

それでは、一首ごとの鑑賞に行きます。
まずは他者への挨拶の「お休み」の歌から。

勺 禰子 (ディープ大阪・ディープ奈良・ディープ和歌山)
もうなにもしんぱいせんでええんやと言われてるような「おやすみ」の声
文字で書けばみな同じ「おやすみ」だが、人により、アクセントや発声は違う。
上句が大阪弁なので、この「おやすみ」は大阪弁で言われた言葉だと思われる。
標準語に比べ、あいまいに発音される「お」から始まり「み」はどちらかといえば「みぃ」とあとを引く。
親しい人の親しい口調はそれだけでも安心感があるものだが、大阪弁であることで、より、包み込まれるように感じるのだろう。

船坂圭之介 (kei's anex room)
おやすみとつい声掛けて亡妻の居ぬ空間を見詰むしばらく
習慣となった挨拶。相手がいなくなっても習慣は残る。
届く相手が今やいないのに、ついつい漏れてしまった挨拶は、残された者をより、さびしくさせる。

坂口竜太 (さんじゅういち×えぬ)
おやすみは聞こえましたか 今日もまた伝わらなかった声があります
声をかけた相手とはどのような関係なのか、具体的には分からないが、コミュニケーションに不全感を感じる相手だ。
もちろん、物理的におやすみが聞こえたとか聞こえなかった、という場面ではなく、二人の関係を比喩的に表している場面。
顔を合わせて、一見会話が成り立っている間柄にあっても、伝えたいことが本当に伝わってるかを考えれば、常に相手とは、糸電話でつながっているような、かすかなつながりだということを実感せざるを得ない。

近藤かすみ   (気まぐれ徒然かすみ草)
ゆつくりと『おやすみなさいフランシス』こぐまのままで幼いままで
『おやすみなさいフランシス』は絵本のタイトルだが、作中の人物が絵本の主人公に呼びかけている言葉でもある。
自分のこどもが小さい頃、読み聞かせた絵本だろうか。子供たちが大人になってもフランシスはその頃の姿のままで、子供の論理を保ったままでそこにいる。
この歌を読んで懐かしくなって、押入れを探してみたのだが、この本は見つからなかった。売ってしまったのか、実家に眠っているのか。私のフランシスは今、どこで眠っているのだろう。

続いて、呪文のようなおやすみの歌。

沼尻つた子 (つたいあるけ)
ねむらない ねむれない おやすみなさい らとれの間のりとるにねむりねむる
なかなか寝付けない夜、ようやく訪れた眠気の中にいるような歌だ。
眠れないままに思いついた、言葉遊びのようなフレーズの中、睡眠へと導かれていく作中の人物がいる。

kei (シプレノート)
おやすみの言葉はキャラメルの甘さ眠りの底で探す空き箱
この歌も眠りに入る時の歌。
「おやすみ」の言葉の心地よさを転がしているうちに、半分夢の中へと入っている状態だ。
ただ三句、「キャラメ/ル」の句割れは文字数だけあわせた感じになっているように思える。少し読みにくく感じた。

最後の題、ということで、イベントを自分なりに締めくくる歌もたくさんあった。

詠時 (短歌の花道)
百首なる言の葉吐いて繭として暫し羽化までおやすみなさい
詠まれただけでは、歌はまだ、繭なのだ。読まれることにより羽化する場合が多いが、自分の中で何かが変化して、羽化することもあるだろう。
それまでのしばらくを、歌は繭のまま、眠り続ける。

こはく (プラシーボ)
いままでの歌のすべてにつかのまの眠りを そっと おやすみなさい
この歌はこのイベントの歌だけには限定されないが、イベントの最後、ということで生まれた歌だということはできるだろう。
まだ、眠っている歌というのはへその緒の繋がっている子供のよう。暫くはわたしの一部なのだが、いずれ、旅立つ。


~~~~~~~~~~

今年度もわたくしの勝手な感想にお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
私は2009年も参加いたします。また、皆様とご一緒にできることを楽しみにしています。

*カテゴリー「百題百日2008」は五十嵐きよみさんの開催されました題詠blog2008に投稿された歌からわたしがいいな、と思った歌をピックアップして鑑賞させていただきました。
*この後続企画、題詠blog2009の会場はこちら、です。

nice!(0)  コメント(13)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 13

村上きわみ

長丁場、おつかれさまでした。
これだけの数を一定のペースで書き続けるだけでもたいへんなことなのに、
一首一首に対しての丁寧で的確な読みがすばらしく、毎回しびれておりました。
それぞれの題についての考察にも教わるところがたくさんあり、
こちらにお邪魔するのが毎日のたのしみになっていましたので、
おわってしまうのがさみしいほどです。
拙作もたくさんとりあげていただき感謝申しあげます。
こまやかに読んでいただいたこと、どんなにかありがたく。
またご一緒できるのをたのしみにしています。
by 村上きわみ (2009-02-17 11:47) 

梅田啓子

希理子 さま

およそ100日を楽しませて頂きまして、ありがとうございます。
毎日、PCを開けると、真っ先にお邪魔しました。
そして希理子さまの、鋭くかつお優しい、そして深く温かい
鑑賞に、「なるほど」ととても勉強になりました。

私の拙い歌も取り上げてくださり、ありがとうございます。
丁寧に深く温かく読んでくださり、とてもうれしく、自信になりました。
ちょっとした間違いを指摘してくださったことも嬉しかったです。

短歌はいろいろな歌があって、ますます好きになりました。
今年もご一緒させて頂きますことを、楽しみにしています。
どうぞ一年間、よろしくお願い致します。

PS 希理子さまが鑑賞の時期を遅くしてくださったお陰で
   すこしも寂しい思いをせずにすみました。
   お気遣いありがとうございます。



by 梅田啓子 (2009-02-17 12:31) 

kiriko

村上さま
拙い感想に最後まで、お付き合いくださいまして、ありがとうございました。
村上さんの作品は素敵なものが多く、さすが!と思いつつ、たくさん選ばせていただきました。数えてはいないのですが、一番多く取り上げたのではないかと思います。
また、新たな作品に出会えることを、期待しています!

梅田さま
今年も、お付き合いくださいまして、ありがとうございました。
好きでやっていることを、見にきててくださる方がいらっしゃるなんて、本当に、嬉しいことなんですよ。
そして、今年も、どうぞ、よろしくお願いいたします。
by kiriko (2009-02-17 17:26) 

あおゆき

感想の感想おめでとうございます!
自分はこんな風に読み込めないな、とか、こんな歌があったのか、楽しませていただきました。
読まれて、もう一度ことばたちがいのちを持つような、そんな気もしたりしました。
by あおゆき (2009-02-17 20:21) 

asita

はじめまして、と鑑賞終了お疲れ様でした。
しっかり読み込んでらっしゃるなぁ、あぁ、こう読むべきだったのかと大変勉強になりました。ありがとうございます。
次回というか既に今回になっちゃってますが、題詠2009もよろしくお願い致します。
by asita (2009-02-17 21:06) 

kiriko

あおゆきさま
読んでくださって、ありがとうございます。
何度かコメントをいただいて、とてもうれしかったです。
今後とも、よろしくお願いいたします。

asitaさま
お付き合いくださって、ありがとうございます。
今年、2009年の題詠も、どうぞ、よろしくお願いいたします。
by kiriko (2009-02-18 01:03) 

こはく

2年連続の感想の完走、おつかれさまでした。そしてありがとうございました。

感想を書いて挫折したことのある身としては、毎日書き続けられ、的確な評をされているお姿が大変まぶしいものでした。

何度かわたしの歌も取り上げてくださり、ありがとうございました。
本当に励みになりました。
「おやすみ」の歌の最後がわたしでいいのか?と思いつつ(笑)

2009年のお歌も楽しみにしております!
by こはく (2009-02-18 20:04) 

沼尻つた子

希理子様、はじめまして。沼尻つた子と申します。
こちらを知ったのは最近です(もったいないことしてました!)
丁寧で深遠な読みに感嘆し、そのうえ私のつたない歌も
とりあげて下さって、感激しております。

「うん、詠めた」と感じていたモンスーンや前脚の浮き、
そして大破調の「おやすみ」へお言葉をいただき、
報われたような気持ちです。
2009年もどうぞ共に走らせて下さいね。
ありがとうございました。

by 沼尻つた子 (2009-02-19 06:26) 

kiriko

こはくさま
こちらの方こそ、お付き合いくださいまして、ありがとうございました。
「おやすみ」の歌はこはくさんの歌としては、とても素直な歌で、ご本人としては、ご不満かもしれませんが、感想の区切りとしては、ぴったりの歌をいただけたと思っています。
どうぞ、2009も、よろしく!

沼尻さま、はじめまして。
「深遠」などと言われると、戸惑ってしまうのですが…。
こちらまで、お越しいただき、ありがとうございます。
沼尻さまの歌は、ここで取り上げなかったものでも印象的な歌がたくさんありました。
どうぞ、2009もよろしくお願いいたします。


by kiriko (2009-02-19 08:24) 

萱野 芙蓉

希理子さん、お疲れ様でした。
私も日々更新される感想を楽しみにしていた一人です。
そしてゆうべからまた再読させて頂いています。
自分ですら気づいていないところまで読み解いてくださって、
ぼんやりやの私にはとてもうれしく、お言葉を頂戴した歌たちが
少し表情をかえて自分に戻ってくるようでそれもうれしく・・・。

私以外にもそうした方々がたくさんおられるのではないでしょうか。
また、このように感想を発信していくことの大切さも再認識しました。
自分でも少しずつでもそうしたことができたらよいのですけど。
ではでは、あらためて感想お疲れ様でした。そしてありがとうございました。
by 萱野 芙蓉 (2009-02-21 14:19) 

kiriko

芙蓉さん、こんにちは。
こちらの方こそ、読んでくださって、ありがとうございます。
微力ながら、少しでもお役に立てたとしたら、とてもうれしいです。

また、新たな芙蓉さんの歌に出会えることを、楽しみにしています!
by kiriko (2009-02-22 09:13) 

勺 禰子(しゃく ねこ)

村本 希理子さま

はじめまして。勺禰子と申します。
いつも楽しみに拝見させていただいておりましたが、
拙歌を何度か取り上げていただき、うれしはずかしでございました(笑)。
他の人の歌をたくさん読むことは、とてもエネルギーがいることですが、
喜びもまた多いですね。
こちらへお邪魔するようになって、私も身近なところからでも、
少しずつでも、読むことを増やしていきたいと思いました。
by 勺 禰子(しゃく ねこ) (2009-02-24 02:14) 

kiriko

勺 禰子さま、はじめまして。
拙い感想をお読みくださって、ありがとうございます。
読むことはエネルギーがいることでもありますが、逆に、エネルギーをもらうことも多いように思います。
それがあるから、やめられないんでしょうね。
勺 禰子さんの、足場がしっかりとしたところにありながらも、自由に展開される歌には本当に、楽しませていただきました。こんな歌を詠まれる方がどのように歌を読まれるか、それも楽しみです。
どうぞ、今後とも、よろしくお願いいたします。
by kiriko (2009-02-25 00:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。