So-net無料ブログ作成

多治見観光 [日常]

昨日は所用で多治見駅近くの銀行まで。
そのまま帰るのも、何だか悔しいので、軽く、多治見観光してきました。
といっても、おりべストリートという、多治見駅から歩いていける界隈を少し歩いただけなんですけど。

ここは、陶器や和雑貨を扱う店や、こぎれいな、食事処や喫茶店があります。
200809291330000 (2).jpg
交番は、こんなの。
(写真はみんなピントが合ってないなあ~~)

ふだんはあまり購買欲がないのですが、物見遊山の気分になったのか、ちょこちょこと買い物も。
200809291616000.jpg
用もないのに、あんまりにもウサギが可愛かったので2枚だけ、買いました。
お店の人がうるさくってうっとおしかったんですけど、半額セールだって言うし。

200809291621000 (2).jpg
これは松浦軒のカステラ。
「寛政10年当時のレシピをそのまま200年来守り続けた伝統の味」
ということで、期待してたんですけどね。
はっきり言って、人形焼きの味。
しかも、原材料のところに「トレハ」の文字が…。トレハってトレハロースでしょ?
まあ、500円なので、こんなものかと。
でも、やっぱり多治見の和菓子といえば栗きんとんでしょう。
栗きんとんといえば、芋餡の中に栗の甘露煮が入っているものを思い浮かべられるかもしれませんが、
東濃の栗きんとんは違います。全体が栗の餡!
オリベストリートあたりでは梅園のがおすすめ。
そのほかでは、すやのが駅構内の土産物屋で買えたはず。
ただし季節商品で、夏は買えません。各店9月になると一斉に販売をスタートするのです。

それから、小型のお手紙セットと縮緬シールも買いました。
うさぎの形が可愛いでしょ♪
ORIBE011.jpg
これは「うつわ邸」という織部(たぶん、食器の小売業をしている会社)のお店で買いました。
このお店ももとは民家なのでしょうか。靴を脱いで、部屋べやの商品を見て回ります。
買わなくても楽しめる、お勧めのお店です♪

お昼は「万年青」という蔵を改装したというお店で。
感じのいいお店で、食器も素敵でした。
が、メニューがね。秋野菜の揚げ浸しと天かすとわかめ入りの蕎麦と枝豆、ゆかりの乗ったご飯と漬物少し。プラスの冷やし白玉ぜんざいとコーヒー。
おいしいし、カロリーもたっぷりそうですが、物足りない…。
なんか、多治見のお店って量が少なかったりすることが多くって、あんまり満腹感がないんですよね。
わたしが大食なのか…。
で、おまけに、お店の人に、MONOパークで今日まで開催の現代陶芸フェスティバルのチケットまでいただいてしまいました。当日券だと800円するものを900円のランチでいただいていいものかと思いつつも、バス停へ。
ところが、1時間に1本のバスを2本も乗り損ねてしまい、行きそびれちゃいました。(汗)
なんでそんなことに、といえば、私だからとしか、言いようがない。(あまりにおばかで説明する気にもなれない・・・)
その後、喫茶店にも入りました。ラゲンという、アンティークいっぱいのお店。
テーブルの上にはコーヒーシュガーが塗りのお椀に入って載っていました。
先日話題にした砂糖ばさみとともに。
200809291353000.jpg
そうそう、お昼を食べた店にもコーヒーシュガーがあったのですが、こちらはアンティークの小さな宝石箱のような器に入っていました。
写真の奥左のお椀にはおてふきが入っています。
お紅茶はこんな感じで出てきました。
200809291403000 (2).jpg
多治見は名古屋圏なのでコーヒー紅茶には無条件でおまけが付いています。
でも、こちらも味は、ね。
だいたい紅茶を頼んでフレッシュが出てくる時点で、これはだめだな、と思っちゃいます。
こんな器だったら、チャイを飲みたいな、と思いました。

とはいえ、落ち着く店で、ゆったりとした時間を過ごせました。
ただし、他のお客さんが大声で、ずっとウオッシュレットの話をしていたのはちょっと。
内容までは聞いてないのですが、何度も「ウオッシュレット」と「シャワートイレ」って単語がね。

多治見のことを紹介したついでに、今回はいかなかったのですが、私の一押しのスポットを紹介しときますね。
多治見からバスで行かなきゃならないのですが、市之倉の幸兵衛窯の古陶磁資料館。
古民家を改装してペルシアなどの焼き物を展示しているのですが、なかなか素敵な空間です。
そして、その隣に細長い部屋があって、そこからは登り窯が見えるのですが、ここでは自動販売機ですが、200円でエスプレッソが飲めます。
自動販売機とはいえ、コーヒーカップがちゃんとしたもので、好みのものが選べます。
多治見にいらしたら、ぜひ。
そして、ここまで来れれたら、さかづき美術館にも足を伸ばされるといいです。
展示点数はあまり多くありませんが、戦時中のさかづきなど、なかなか面白いものが見られます。
こちらの美術館のミュージアムショップは広くって、作家ものから食品まで扱っているので、あまり他のところを散策する時間が取れないならば、土産物はここで選ばれるのがいいかもしれません。

あと、定番の観光地といえば、日本3大修道院のひとつといわれる修道院(ここはワインが有名らしい)と禅寺ながらも優美な建物の永保寺。
瀬戸物の歴史的な流れを知りたいならば、岐阜県陶磁資料館の寄られるのがいいと思います。

ただし、多治見の観光は点在しているので車でないと回るのが案外大変かもしれません。
バスなども1時間に1本って感じのものが多いですし。
いずれにせよ、多治見駅の駅前の交番の2階に観光センターがありますから、ここでパンフレットをもらって、少し相談に乗ってもらうといいかも。

どうぞ、一度遊びに来てください♪

あれ、いつの間にか観光案内になっちゃった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。